幸せ習慣が身につくトレーニング | 大阪・神戸 コーチング 高橋慶子

2019年07月31日

コミュニケーションを良くするために、じつはこれが秘訣なのです

コミュニケーションは人間関係を円滑にするためにかかせないものです。

関心のある人にむけて数多くの書籍や講座などが存在しますが、

とりわけ「話す」ことにフォーカスが当てられています。

 

じつをいうと、コミュニケーションで大切なのは

「話す」ことではなく「聴く」ことにあるのです。

 

それを知らずに、

自分の考えを「話す」ことばかりに焦点をあてていては、

人間関係は100%良い方向へ向かいません。

これまでコミュニケーションを学んでいるのに

なかなか上手く行かないという方の原因は、

すべて「聴くこと」に起因しているといっても過言ではありません。

 

もしもあなたが、人間関係を良好なものにし

未来を変えていきたいなら答えは明らかです。

人間関係が良くなった未来を描き、

どのようなコミュニケーションを取っていけばいいのか?を理解し実践し、

日々の習慣にしていくのです。

 

 

 

大切なのは体験から学ぶこと

 

 

 

日頃の場面でコミュニケーションはつねに行われています。

コミュニケーションは重要なものだと感じ改善したいという人は多いのですが、

それについてじっくりと時間を取って学ぶことをしている人はほとんどいません。

 

 

秋からの講座では「聴く」ことについて心理学的な観点からの講義と、

「聴くこと」と「聴いてもらうこと」の実践を通じて、

聴き方、聴かれ方、話し方を学んでいただきます。

知識の提供に終わらず、それを試す体験を通じて理解し習慣にしていきます。

 

 

「聴く」習慣は大切な家族やお客様とのコミュニケーションでも活かされ、

人間関係の改善やサービスの提供、周りの人への貢献などにもつながります。

 

 

 

在り方への気づき

 

 

 

「人は自分を理解しようとする人に信頼を寄せる」という調査結果があります。

理解しようとは、つまり「聴く」ことに他なりません。

自分が話したいことばかりに関心がある人と、

自分のことを知ろうと聴いてくれる人とでは、寄せる信頼が変わってきます。

「聴く」体験を通して相手を理解するとはどういうことか?

人の助けになるとはどういうことなのか? など、

在り方にも気づきをあたえる機会となるでしょう。

 

 

 

実行し習慣にするための4ヶ月

 

 

 

いままで短時間、一日だけの講座でもコミュニケーションについてお伝えすることはできました。

ですがコミュニケーションには自分なりのクセがあり、

聴いただけ、すこし体験しただけでは変わりにくいものです。

そこで今回は一日5時間、4日間の連続講座にしました。

 

知識の理解、体験からの学習、日頃の実践を4ヶ月間繰り返していくことで習慣となり、

また振り返ることで様々な気づきも得られます。

家族との関係性が改善したということも起きてくると思います。

 

習慣になれば講座の期間が終わったとしても、

 

人の話しを「聴く」ことには自信がある。

そう考えている方もコミュニケーションスタイルをみなおすチャンスです。

 

 

 

人間関係をさらに良くする
「聴く」コミュニケーションを学ぶ講座開催
 
1日をかけて「聴く」ことの講義とワークの4回シリーズです
2019年9月7日(土)、10月12日(土)、11月9日(土)、12月7日(土)
すべて10:00~17:00
会場:垂水勤労市民センター(神戸市垂水区)
アクセス:JR神戸線 垂水駅より徒歩3分
※詳しくは以下のリンク先をご覧ください
※お問合せ、ご質問などもご遠慮なくお寄せください

https://resast.jp/events/364194

自分へダメ出しする貴方へ。
行動を加速化させるプロセスを紹介します。
コーチングについてを詳しく見る
活動ギャラリーを詳しく見る

ページトップへ